田島万古焼 勝三窯



   < 勝三窯について  >


勝三窯について

・商 品

・地 図 

・ブログ   

江戸時代も末になりて
   
田島町が陣屋所在地としてまた宿場として
    
繁栄し取引が活発になる弘化2年(1845年)
   
陶工を城中に招き、窯を築かせて
    
城内の陶工により
    
田島独特の製陶法を造らせ
    
「鴫山万古」(←しぎやまばんこ)と名づけたのが始まり
   
(戦争、その他の影響で途絶えていたのを復活)

 昭和48年 田島万古焼復活組合発足
   

 「田島万古焼 勝三窯」(←たじまばんこやき かつぞうがま)
として作陶開始

初 代 室井 勝三
2 代 室井 勝良
3 代 室井 勝全

 

                                              
   
   (三代目作陶中)

                   



                         Copyright (C) 2014 tajimabanko.com All Rights Reserved